花阿彌 HANA AMI の話

「花阿彌」という名前は「花」と「阿彌」という二つの部分からなっています。

「花」はもちろん花のこと、「阿彌」は中世の日本において、技芸文化の担い手であったアーティストグループの呼称に由来しています。

創設時、日本人フラワーデザイナーである久保数政が歴史を愛好していたこともあり、史実に根ざした「阿彌」という言葉から名前をとりました。

その後、ドイツ人のガブリエレ久保が加わったことでヨーロッパの要素がプラスされ、現在の花阿彌の形ができあがりました。ヨーロッパ人の耳に「アミ」は、フランス語で「友人」を意味する ami  と聞こえます。良い友人を意味する美しい言葉で、ラテン語の「アミーゴ」も同じ意味になります。つまり「花阿彌」は、名実ともにインターナショナルであると言えるでしょう。

その名前のとおり、花阿彌は花とアーティストに係わっています。まさに「花と人」こそが、花阿彌のコンセプトです。

 

花阿彌を立ち上げた久保数政とガブリエレ久保は、1993年、どんな種類のデザインにも応用できるシェーマ(花の造形一覧表)を基にしたティーチング・システムを完成させました。この、“シェーマを作り上げる”ということに向けて、二人の背中を押し、強い原動力になったのは、フラワーデザインを言葉で説明できるようにしたいという願いでした。

花阿彌では、今でもこのシェーマを使って全てのフラワーデザインを説明し、指導しています。

このシェーマが広く受け入れられ、日本のフラワーデザインの指導法に影響を与えたことは、花阿彌にとって大きな喜びです。このシステムを高く評価してくださった多くの方に、心から感謝いたします。 

Profile 久保数政

株式会社花阿彌 代表取締役社長

花阿彌ブルーメンシューレ 校長

花阿彌ブルーメンシューレ マイスターインストラクター

花阿彌インストラクターの会(HAIS)名誉会長

チャート式フラワーアレンジメント協会 代表

公益社団法人日本フラワーデザイナー   協会名誉本部講師

International Teachers of Floristry Japan 運営代表

International Floral Art 審査員

Green Senses デザイナー

社団法人アジア花の文化協会 理事

 

久保数政は、国内外で活躍する日本人フラワーデザイナーです。

これまで行ったデモンストレーション、レクチャー、レッスンは、多くの人に知られています。またたくさんの著書には、新しいデザインや興味深いデザインテクニックがつまっています。様々なフラワーデザインコンペティションの審査員や、花を素材とする新しい商品の開発にも携わっています。 

Profileガブリエレ久保

ガブリエレ久保

 株式会社 花阿彌 取締役

花阿彌ブルーメンシューレ 校長

花阿彌ブルーメンシューレマイスターインストラクター

花阿彌インストラクターの会(HAIS) 名誉副会長

有限会社GREENGABES 代表取締役社長

日本フラワーデザイン専門学校 講師

Green Senses デザイナー

 

ガブリエレ久保はドイツ国立花卉装飾専門学校ヴァイエンシュテファンを卒業したマイスターフロリストで、現在は日本で活動するフラワーデザイナーです。彼女のデモンストレーション、レクチャー、レッスンは広く知られており、その著書は色彩についてや、花と素材の関係性をテーマにしたものが多くあります。

ガブリエレのアプローチは繊細でナチュラルです。現在はよりよい指導方法について熱心に探求しています。