久保数政にフラワーデザインを深く学ぶ

一つの花に責任を持たせる

 

久保数政が繰り返し口にする言葉です。

なぜそこにその花が入るのか、必ず理由を説明できるのが久保数政です。

レッスンではその言葉どおり、実際に活けて見せて伝えます。

フラワーデザインの経験がある方ほど、久保の指導を受けて“目からウロコが落ちる”ようです。

「一人ひとり個性や癖があるので、それぞれに合った教え方でマンツーマンのつもりで教えています」・・本人談です。

 


ヨーロピアンデザインとは?

アメリカン、フレンチ、ブリティッシュなど1960年以前までのフラワーデザインは世界中同じジオメトリックデザインの考え方でしたが、1960年以降そこに自然を表現するデザインが加わり、それをヨーロピアンデザインと呼ぶようになりました。

 

またそれまでの点線面の表現では、花をラインフラワー、マッスフラワー、フィラーフラワー、フォームフラワーと分類していましたが、1960年以降は主張度つまり存在感で分類するようになります。

さらに配置法も増え、いろいろな挿し方束ね方が生まれました。

コンセプトで教える

 ヨーロピアンデザインは、従来の本数や長さで説明する教え方では無理があり、形で教えることも難しいでしょう。なぜなら花材が変わるとわからなくなってしまうからです。

大切なのは“主旨(コンセプト)で教える”ということです。そのためにあるのが“理論”。理解し身につけさえすれば、どんな表現でも可能になります。

久保数政はヨーロピアンデザインの著書を数多く出版しており、自習のための教本にしているというお話をよく耳にします。



インストラクター・コース

ヨーロピアンデザインの理論とテクニックをじっくり学び、指導法まで身につけられるコース。久保数政が丁寧に指導します。

レッスンで使用する指導マニュアルには各アイテムのテーマ解説、作り方のコツはもちろん、適した花材や、レッスンを行う際のティーチングアドバイス、また花文化の背景、カルチャーの情報など、作り方だけではない関連事項が盛り込まれているのが特徴です。

レッスンは少人数制、3アイテムを1日かけてじっくり学ぶスタイルなので、質問や相談も十分することができます。

ご自身のフラワーデザインのスタイルを確立したり、教え方を深めたりするのにも役立つ内容なので、インストラクターになって教えたい方だけでなく、知識を深めたい、技術を高めたいという方にも適しています。

 

コースを修了すると花阿彌ブルーメンシューレのインストラクターライセンスが取得できます。

ライセンスを使ってブランチ校を開校するかどうかはご自由です。

 

花阿彌ブルーメンシューレについてはこちら≫≫花阿彌ブルーメンシューレ 

 

回数:月1回×12回のレッスン

時間:10:30~17:30

場所:花阿彌(茅ヶ崎)/芦屋会場

講師:久保数政

料金:テキスト代60,000円(36アイテム分)

   受講料20,000円×36アイテム(材料費込み)

   検定料60,000円

   認定料40,000円

 

料金は税抜き表示です

受講料には材料費が含まれています

料金は改定されることがあります

 

支払い回数:1回、2回、各回

支払い方法:銀行振込、クレジットカード、PayPal

 

[インストラクターライセンスの更新について]

取得したライセンスの更新については自由に選ぶことができます

・アクティブライセンスを更新:毎年20,000円の更新料がかかります

・インアクティブライセンスを更新:毎年5,000円の更新料がかかります

・ライセンスを更新しない:更新料はかかりません



お問合せとお申込み

メモ: * は入力必須項目です

詳しいスケジュールやご質問などは、お気軽にお問合せください。

 

花阿彌

tel  0467-87-0987


 

お返事はメールでお送りします。

受信エラーになることのないよう、花阿彌のアドレス( contact@hanaami.com )を、お使いのパソコンまたは携帯メールのアドレス帳に登録してください。