フラワーデザイナー  久保ガブリエレ  Flower Designer Gabriele Kubo

花阿彌ブルーメンシューレ 校長

花阿彌ブルーメンシューレマイスターインストラクター

花阿彌インストラクターの会(HAIS) 名誉副会長

 

有限会社GREENGABES 代表取締役社長

 

日本フラワーデザイン専門学校 講師

日本におけるグレゴール・レルシュ セミナーのオーガナイザー

 

ガブリエレ久保はドイツ国立花卉装飾専門学校ヴァイエンシュテファンを卒業したマイスターフロリストで、現在は日本で活動するフラワーデザイナーです。

彼女のデモンストレーション、レクチャー、レッスンは広く知られており、その著書は色彩についてや、花と素材の関係性をテーマにしたものが多くあります。

ガブリエレのアプローチは繊細でナチュラルです。現在はよりよい指導方法について熱心に探求しています。

Headmaster and Meister Instructor of the Hana Ami Blumenschule flower design school

 

Honor member of the Hana Ami Instructors' Society HAIS

 

CEO at GREENGABES

 

Lecturer and teacher at the Nihon Flower Design School in Tokyo, Takadanobaba

 

Gabriele Kubo is an alumnus of the Staatliche Fachschule für Blumenkunst, Weihenstephan, Germany. Herself a German native, she lives and teaches now in Japan.

Holding demonstrations, lectures  and lessons all over the country, she always lays a focus on color combinations and wrote books about her unique approach on reading the colors of flowers.

Loving a natural and detailed style, her recent interest is in teaching teaching skills!


プロフィール

1987年/ドイツ国立花卉装飾専門学校ヴァイエンシュテファン卒業
1993年/花阿彌に所属。

恩師であるドイツのデザイナー、ゲアハルト・ナイティガー氏の日本デモンストレーション、講習会をコーディネート。

日本におけるヨーロピアンデザインの指導に当たり、グレゴール・レルシュ、デトレフ・クラット、ウルズラ・ヴェゲナーらのデモンストレーション等を手がける。

1997年/IPM(国際花卉見本市、ドイツ・エッセン)の舞台でコメンテーターを務める。また日本からIPMへのフラワーデザインツアーを主催。

2001年/久保数政とともに花阿彌ブルーメンシューレを発足。

2007年/長崎ハウステンボス ブライダルブーケコンペティションにてデモンストレーションを行う。

2007-2008年/ドイツ・エッセンIPMにて花阿彌ブースをプロデュース。

2009年/横浜山手西洋館「花と器のハーモニー」にてエリスマン邸のコーディネーターを務める。

2010年/スウェーデンへの“モス”ツアーを主催。

2013年/ベルギー出版社Stichting主催の国際フラワーコンテスト「International Floral Art1415」の審査員を務める。

2014年/デザインマテリアルを中心とした輸出入を手掛ける会社GREENGABESを立ち上げる。

2015年/横浜山手西洋館「花と器のハーモニー」にてイギリス館のコーディネーターを務める。

日本フラワーデザイン専門学校の講師となる。

2017年/スウェーデンUrnaturに"artist in nature"のアーティストとして招かれる。

毎年、グレゴール・レルシュのセミナーを日本で開催している。

Profile

1987 successfully finishing Staatliche Fachschule fuer Blumenkunst Weihenstephan

1993  joining HANA AMI

1993~Coordination of  demonstrations and workshops of Mr. Gerhard Neidiger, Gregor Lersch, Detlef Klatt, Ursula Wegener and other European flower design teachers in Japan

1997 serving as a commentator on the main stage of IPM (International Plants Messe)Essen, Germany

2001  creating the HANA AMI Blumenschule together with Kazumasa Kubo

2007 demonstration at Huis ten Bosch Bridal Bouquet Competition, Kyushu

2007 - 2008 producing the HANA AMI  booth at the Essen IPM in Germany

2009  exhibition at the "Ehrisman House"  for the Yokohama Yamate "Harmony of flowers and bowls" event

2010 leading the "Moss Tour" to Sweden

2013  being a judge of the floral contest "International Floral Art 2015",  invited by Belgian Stichting Publishing

2014  launching of  GREENGABES, distributing Japanese design materials online

2015  exhibition at the "British House" for the Yokohama Yamate "Harmony of flowers and bowls"  event

2015 ~ teaching at the "Nihon Flower Design College", Takadanobaba, Tokyo

2017 "Artist in nature" at Urnatur, Sweden

 

Every year, she is coordinating the lessons of Gregor Lersch in Japan, while holding her own seminars and demonstrations in Japan and Taiwan, as creating and leading tours to Europe on a regular base.